補助金・助成金事業

補助金・助成金の申請サポート

■自社のホームページ・ECサイトを作って非対面化を図りたい

■古いホームページをリニューアルしたい

■社内のデジタル化のためにシステムを導入したい

■テレワーク環境を整えたい

 

新型コロナウイルスの影響により、IT化・デジタル化が急速に進む今、こういったお悩みを抱えている企業様も多いのではないでしょうか。

とはいえ、IT化・デジタル化にはコストも時間もかかりますよね。

そこでおすすめなのが、「補助金」の活用です。

補助金は、国や自治体が事業者に対して交付するお金のこと。

実はホームページ制作等にも、この補助金を使うことができます。

弊社では補助金の申請からホームページ制作まで一貫してサポート、国・都道府県・市町村のあらゆる補助金・助成金のアドバイス・お手伝いをしています。

コストの負担を大幅に削減できる可能性がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

【2022年】HP制作に活用できる補助金

ホームページ(新規・リニューアル)やシステムの導入経費に使える補助金をご紹介します。

※現時点(2022年1月28日現在)の情報です。

IT導入補助金

出典:https://www.it-hojo.jp/

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者を対象に、
ITツールを導入して「業務効率化」「非対面化」を図る事業を支援する制度。

システムの導入コストを抑えることができます。

対象枠によっては、ECサイト制作にも活用できる補助金です。

弊社は、厳格な審査を経て事務局に登録された「IT導入支援事業者」です。

ITツールの導入から申請・完了報告まで、しっかりサポートさせていただきます。

 

IT導入補助金の概要(2021年)

・対象者:条件を満たす中小企業・小規模事業者

・補助額:30万~450万

・補助率:経費の2/3

・期間:2021年12月22日まで(今年度は終了)

※毎年行われている制度です。2022年のスケジュールは未公開。

・公式HP:https://www.it-hojo.jp/

 

小規模事業者持続化補助金

出典:https://www.jizokuka-post-corona.jp/

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者を対象に、広報費としてホームページやチラシ制作など幅広い経費に活用できる補助金です。

そのほか、店舗の増築や改築などにも活用できます。

「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」の2種類があり、「一般型」は上限50万円、「低感染リスク型ビジネス枠」は上限100万。

要件や補助額はそれぞれ異なりますが、弊社では主に「低感染リスク型ビジネス枠」の申請サポートをさせていただいています。

要件に当てはまるか、まずはご相談ください。

 

小規模事業者持続化補助金

・対象者:条件を満たす小規模事業者

・補助額:上限100万円(低感染ビジネス枠)

・補助額:経費の3/4(低感染ビジネス枠)

・期間:2022年3月9日まで(今年度ラスト)

・公式HP:https://www.jizokuka-post-corona.jp/

 

事業再構築補助金

出典:https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

事業再構築補助金は、2021年に新設された比較的新しい補助金です。

中小企業や小規模事業者を対象に、事業モデルの転換や新事業展開のなど大きな事業に使うことができます。

事業内容によっては、ホームページやECサイト制作の費用にも活用できます。

 

事業再構築補助金

・対象者:条件を満たす中小企業・小規模事業者

・補助額:100万~1億まで

・補助率:経費の1/2(通常枠)・経費の3/4(特別枠)

・期間:2022年3月24日(第5回公募)

※第6回公募の日にちは未定

・公式HP:https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

 

その他の補助金

上でご紹介した補助金は毎年継続して実施されている補助金ですが、コロナ禍により、新設・拡充された補助金や支援制度もあります。

新しい補助金や助成金の情報は、随時紹介していく予定です。

 

中小企業デジタル化応援隊事業

中小企業デジタル化応援隊事業は、企業のデジタル化・IT化を支援する制度です。

選定されたIT専門家により、システム導入やテレワーク化の支援が受けられます。

国が費用の1部を負担することにより、リーズナブルにサポートを受けることができる仕組みです。

デジタルマーケティングのサポートやコンサルも対象になります。(SNS運用・広告運用など)

 

事業再構築補助金

・対象者:要件を満たす中小企業・小規模事業者

・期間:2021年11月1日(第2期終了)
※第3期は未定

・公式HP:https://digitalization-support.jp/

 

補助金のことなら弊社にご相談ください!

 

長引くコロナウイルス(オミクロン株)や緊急事態宣言を受けて、2022年も補助金や支援制度は継続すると考えられます。

とはいえ2023年以降は、コロナウイルスの収束に伴い、こういった手厚い補助金制度は縮小されていく見込みです。

現在新型コロナウイルスによって急速なデジタル化を迫られている中、これを機会に今、社内のHPの見直しやIT化を検討してみませんか?

補助金を上手く活用することで、大きなコストダウンが期待できます。

補助金・助成金の申請は、書類作成やオンライン申請の手続きがあり、非常に煩雑な作業となります。

お近くの商工会議所や税理士に相談して書類作成・申請手続きをすることが可能です。

しかしながら、必ずしも採択となる保証はありません。

弊社は、補助金や助成金の申請から完了報告まで、300件以上のご相談・フォローをさせて頂き、採択に導いた実績があります。

 

補助金・助成金の申請、補助金を活用したホームページ・ECサイト制作は、ぜひ弊社にお任せください。

ご質問・ご相談もお気軽にお申し付けください。

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせページへ